2006年12月30日

soinja live at船橋『月』

年末、忘年会とか他の人のライブとか目白押し状態の中
soinjaに沢山お越しいただき感謝です。

久しぶりの顔に『お!』と驚き、そう言えば家が近いんだったなあ、、、と
思い出したり。
だいぶ遅れて入って来る人がいるなあ、、、と見れば野田のサイクルショップ社長が店を閉めてから駆けつけてくれたり。
ミュージックスクールの講師陣&生徒達が団体で来てくれてたり。
いつも来ていただいている筑波在住の方が本番前に顔面エステをしてくれたり。
もちろん遠方でも足を運んでくれる常連の方々も〜

いやはや、皆さんに支えられてsoinjaがあるのだと染み入りました。
心からありがとう。

昨日はテンションを上げてステージに臨む事を決めていました。
メインの皮モノもジャンベに変更し、皮を締め上げ(破れる手前まで)
リハから気合いを入れて挑んだのです。
soinjaが二人になって、まだアレンジ上の迷いがありました。
体に染み付いたパターンを変えつつ、歌も唱うというのは案外難しい作業なのです。シンコペーションが多いパーカッションのパターンと歌は別世界。
同居させるには脳みそフル回転なのです。
しかし、それを簡単にやっているように見せたいのでありました。
役割を決めて3人に振り分けていたリズムが2人になり、アドリブソロの絡み具合も大きく変わらないといけない。
やっと気が付いた(思い出したとも言える)のが、『決めない』という事
タカシとのアドリブは結成当初終わり方を決めているだけで、中身はその場の流れで構成されていました。『何処へ行くか判らない』『打楽器二人だから休みや逃げ場は無い』そんな緊張感の中で生まれて来る掛け合い。
それがsoinjaの醍醐味だったのです。
久しぶりにダラブッカ2台で演奏したパーカッションバトルが思い出させてくれました。これぞ原点。

地元千葉県で来年の展望が見えた事を嬉しく思います。

今年一年 後藤まさる&そいんじゃ&後藤組を応援していただきありがとうございました。
また来年お目にかかりましょう〜

皆様 良い年をお迎え下さい。
posted by たいこまん at 11:06 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月24日

日暮里PORTO弾き語り

今日はクリスマス・イヴですね。
みなさん それぞれにお過ごしでしょう、、ラヴラヴな方、ファミリーな方
そんな中 ゴトウは日暮里で歌い上げたいと思います。
恐らく お客さんは 少ないでしょう(笑)

でも、新曲カバーも用意して タカシ君2号も連れて行き、ねきねき”も参加してくれるし、マスター伊藤君もハーモニカ吹くし、少数精鋭盛りだくさんナイトになるのでした。

24に変更して来れなくなったMIYAKOと蛙さんとお友達〜重ね重ね申しわけない。
posted by たいこまん at 09:31 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月23日

急な仕事 怒濤の一日

ソニーの新人 沖永良部島出身 
大山百合香さんのステージを頼まれました。
バンマスが平安神宮CHEMISTRY LIVEでいっしょだった鈴木俊介君で
ベースが先日のミュージックラバーズで初共演した真船君(エゴラッピン)
俊介君とは旧知の仲、依頼されるのは嬉しい限り。
しか〜し、あまりに急なスケジュール。迷った末引き受けました。

本番当日にしか リハーサル出来ない為、朝6時に起きて世田谷のスタジオに向かいました。朝の渋滞で少し遅れつつ到着。地下のスタジオで、エレベーターが、、、無い〜 「おお〜〜しびれるウ」と階段で手運び。
他の皆さんはセッティング終わりつつある所に「はじめまして、どうぞよろしくお願いします〜」
10時から午後3時まで5時間のリハーサル。
ゴトウ以外のメンバーは既に2年程サポートしているらしく余裕です。
ワタクシは譜面を見ながら初演奏。この差を埋めないと迷惑が掛かるので頑張りました〜 頼まれていないけど、コーラスもしたりして
「ちばりよ〜〜!(沖縄の言葉で頑張れ)」とか自分に言いながら、、

なんとか7曲がまとまり、急いで楽器をばらし搬出。おお〜また階段もうやだ〜(悲しい顔)
シンバルスタンドなどを入れたケースは大人二人で持っても腰にキマス。
寝不足で心臓バクバクさせながら恵比寿ガーデンホールへ〜

到着後すぐセッティング。タイバンのバードさんチームは既にチェックを終えていました。業界で言う所の「逆リハ」転換無しで本番に行ける。
またバラしが入ったら泣く所でした(笑)

PAの音作り後 マネージャーが「時間に余裕がありますので、7曲全部通したいと思います!」 おお〜〜〜 ゲネプロだ〜〜

リハーサルが終わり 弁当を頂き、しばし休憩。
怒濤の移動を予想して今回ローディーを頼んだゴトウでした。
船橋のスクールでパーカッションを習っている北湯口君は、、、
「先生、現場はいつもこうなんすか、、これ 先生ひとりじゃ キッツイっすねえ〜」
『いやいや 本番日の朝 リハーサルして現場に乗り込むってのは、初めてだよ、助かったよ ありがとう〜』

さていよいよ本番。もう夜遅い感覚ですが、まだ7時くらいなんだね〜
7曲の演目も なんとか無事完了。そしてすぐに楽器を撤収。
ステージ裏に運び梱包。
一日中この作業の繰り返しをしている錯覚が(笑)

ゴトウの演奏は喜んでもらえたようで何よりでした。
ローディー北湯口を送るべく、総武線を目指し帰路についたのですが、
脳みそが窶れているので、雰囲気で運転してしまい。
「あ〜〜道を間違えてる、、」「ここは何処だ?」の連続。

いやあ〜〜 今日は働きました。 

大山百合香さんの人気が上がる事を祈りつつ泥の様に寝たゴトウであります。めでたし、めでたし。
posted by たいこまん at 11:13 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月18日

生ロナウジーニョ

クラブチーム・ワールドカップ決勝
我々はチェックの為12時入り。まあ〜〜何と言っても天下のFIFA規模が大きい。各国のメディア、国内のメディア、関係者などなど
日本ではないムードが漂っていました。
なんとラッキーな事に控え室が6階で、ピッチを見下ろす感じ。
選手の動きが良く見えましたねえ。
サウンドチェックしてから本番までは何もすることがなく、ゴトウは一人で駅まで散歩。川沿いを歩き黄昏れて、、センチメンタルな、、(笑)

3位決定戦が近づくにつれ、駅からアリさんのDISCOではなく行列
道端ではグッズを売る日本人やら外国人。オフィシャルなのかは怪しいが、サッカーファンは群がっておりました。
3位決定戦を6階から観戦した後
時間になり着替えて下に降りました。
エレベーター付近に全員溜まっていたら、目の前をロナウジーニョ通過! 「おお〜!!」一同子供です。
「今 見た?」『本物だあ〜〜!』「写真撮りた〜〜〜い!」などど一騒ぎ

ピッチ横の別室にて選手のウオーミングアップ待ち。
階段下へ移動して、戻って来る選手と入れ替わる段取り。
「お〜〜○○だ、、」「あ!△△だ」とつぶやきつつ、、、、

『じゃあケミストリーお二人とバンドのみなさんこちらへ〜』で階段を登る
ふと下を見るとロウナウジーニョ発見!建物の中を歩いて控え室へ〜

ロナウジーニョを見るたびにゴトウの口は”O "の形になったのでありました。

さていよいよお時間で、英語の紹介の中バンドはピッチへ〜
日本語の紹介でケミが登場
あとは皆さんテレビで観た通りでございます。
『あの規模での演奏はどんな気持ち?』と思いますか?

意外に大き過ぎてゴトウは冷静でありました。

まあ、だいたいの人が決勝戦が目的だという頭がありますからね(笑)

しかし、なんですな〜〜 世界200カ国以上に放送された(される)んですから凄いです。ケミはまだしも、バックメンバーに気を留める人は居ないでしょうが(笑)
世界デヴューだあ〜〜わ〜〜い と勝手に盛り上がるゴトウでありました。
コドモですな。
posted by たいこまん at 19:13 | Comment(8) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月16日

SOINJAジロキチ。そして明日はサッカーだ!

旧知のサックスプレイヤー津上研太をフューチャーし、二人になったSOINJAがジロキチに帰ってまいりました。
やはり、マスターワオさんの絶妙なるPAは安心出来ます。
年季は入ってるからねえ、、、
マネージャー窪田の考えで、音量は小さめにしてみました。

パフォーマンスとしては、どうでしょう?

昨夜は「なるべく段取りは減らして等身大の自分で演奏しよう〜」と
思いました。なので、オープニングSEも省き、リトルジョン前の「朗読」も無し。何を話すかも決めてませんでした。

ホチキスでキッスのサックスは百戦錬磨の研太ならではでしたね。
彼のアイデアでキーを変えたのでした。そのほうがよりアラビア色を出せるそうで〜 結果はお聞きの通り。
チークスノウも優しい音でした。彼も歳を重ねたんだと実感しましたねえ、、 若い頃は「バリンバリん」と吹いていましたからねえ。
抑えつつ唱い上げる微妙な表現は彼の人生を物語っているのでしょう。

最近数回歌っていたRCの「スローバラード」今回も歌いたかったのですが、
全体の中で入る部分が見当たらず断念しました。
その替わり?でもないが久しぶりに「酔いどれ」をやりました。
アルバム”世界中の涙をあつめて”に収録した時サックスを吹いたのが研太君で皆さんはオリジナルを初めて聞いたかもしれませんねえ(笑)

アンコールでは「ボンド」を歌いました。
皆さんは僕のプライベートな話を聞きたくないかもな〜と思いながらも
何故か話さずにはいられないのです。聞いてて『痛い』かなあ、、、
どうぞお許し下さい。

今月は船橋の無国籍料理「月」というライブハウスで29日にもSOINJAライブがあります。近郊で月に2回というのは珍しいのです(笑)
お近くの方 またすぐにSOINJA見たい〜 という方 お待ちしています。

さ〜〜て 明日はFIFA クラブチームカップの決勝戦です。
CHEMISTRYが決勝前にパフォーマンスするのです。
はい、わたくしゴトウも参加させていただきます。
気が付けば日韓主催ワールドカップの時も演奏したなあ、、、、と
生放送ですので、お時間あれば見ておくんなまし。
posted by たいこまん at 17:35 | Comment(5) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月09日

髪を切った〜の巻

半端な長さだったので、どうしようか悩んだが、、、、
やっぱり短くきっちゃお〜〜 と

さて何処で誰に切ってもらうのかが問題で

いままでで一番相性が良かった人が松本の美容師さんだから、、、
って簡単に行けないし。

ふと思い出し、昔切ってもらっていた彼の移転先にコンタクト

『そちらに柳元君は居ますか?』

「はい、おりますう。御予約でしょうか?」

『はい、今日はカット出来るでしょうか?』

「はい。時間を承ります〜」と順調に話は決まり。

『車で向かうんですがパーキングはありますか?』

「わたしは運転しないので、、、柳元にかわりますか?」

『あ? 出れるなら替わって下さい〜』

などなど久しぶりの会話があり、いざ小岩へ

そうなんです。下町小岩の店なのでした。

流石だな〜と思ったのは6年ぶりにカットするのにゴトウの髪質、クセの出方、などを覚えていた事。

いやあ 安心して切ってもらいました。
そしてワックスでセットする時のコツ ポイントなどを伝授してもらい帰路についた訳です。 まあまあの出来ではないかと、、、

まずは12日のグレコにてお目にかけましょう(笑)
posted by たいこまん at 00:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月06日

MDポータブル・レコーダーが壊れて、、、

修理しようか迷っていたんだが、、2万近く掛かるらしいので、、
やめました。録音も出来る機種で長年使って来たけど、限界のようです。
お疲れさまMD

K's電気の人も「MDは無くなる方向でしょうねえ、、、」と言うし
自宅には据え置き型MDプレイヤーが生きてるので、まあ、、いいか〜と。

今も現場では資料がMDだったりするけど、再利用した試しがないです。
もったいないねえ、、残したいものはCD-Rに焼くもんねえ

ケミの現場ではリハーサルの記録音源はMP3データで貰えるので、最新形と言えます。仕事が完了したらデータを消せば資源の無駄がない。


しかしなんですな〜 家電が進化するのも善し悪しで、
延長上に進化するならまだしも、記録方式が変わってしまっては
今までの機械は無駄になるんだものねえ、、、
地上デジタルも綺麗に違いないが、買い換えor買い足ししないと観れない訳だしねえ

近い将来ハードディスクがSDなどのカードに変わる気がするなあ、、、
衝撃に強いもんねえ

そうすると また パソコン新機種登場なんだよねえ

踊らされてるとは判っていても 導入しなければならない音楽家業。
修理して長く使いたい派のゴトウは悲しい、、、


携帯用MP3レコーダーの購入を考えつつ、しみじみ思うのでありました。

posted by たいこまん at 17:28 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記

2006年12月04日

誕生日だ

自分が何歳なのか気にしなくなっている数年。
あらためて、その数字に驚いたりするのでありました。おお〜
焦ったり、慌てたり、ジタバタする事もあるけど
なるべく等身大の自分で、今出来る努力を毎日「出来るだけ」続ける事が
一番良いのだ〜と最近思います。

チェリスト/ヨーヨーマ氏が学生に語った言葉で
人生は『実現可能な近い目標』と『数年先に実現したい遠い目標』の二つを持った方が良い〜 があります。

ゴトウは『1年先の自分』をイメージしながら『毎日のエクササイズ』をしています。
新陳代謝マッハな年齢でもなく、練習しても筋肉の成長は遅いけど(笑)
確実に上達はしていくものです。
世界の同業者と自分を比較したら(何を基準にするかも問題だが、、)
頭を抱え「彼には追いつけない、、」などと迷路に入ってしまいます。

そんな事は無駄なのです。

自分の感性を磨き、スキルを上げる努力を『出来るだけ』毎日していれば
”それでいいのだ!”

な〜んて。 なんか決意表明みたいになりましたが(苦笑)

相変わらず、水たまりに落ちる雨を見ながら「おたまじゃくしが沢山落ちて来るなあ〜〜」と面白がれるゴトウでありたいと思います。

応援して下さる皆様、今後ともどうぞよろしく。
posted by たいこまん at 11:41 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月29日

日本テレビで収録

ミュージックラバーズの収録に行って来ました。
新社屋が出来てるんだよねえ? でも今回は麹町の古い方
すご〜〜〜く昔に観覧しに来た記憶が、、、
地下駐車場に入って警備の人に「おはようございます。どこに停めたらいいでしょう?」と聞けば
「10番に入れて。柱ギリギリに入れてね、2台分に3台入れたいからさ、、んで あなた そこに車止めないで!」と
(じゃどこに一時停止して あんたに聞くんだよ、、)って話ですが、
「良く知らないので失礼しました」(オレって大人だなあ、、)

早く着き過ぎたゴトウは一人で楽器を搬入開始
「あの〜台車お借り出来ませんかね?」
守衛「え、、しょうがないな 楽器沢山あるの? じゃあ特別に貸してあげるから使ったら返してね」 「ありがとうございます」(大人だなあ、オレ)
出演者が楽器搬入するのに使うのは特別なんだねえ??
オレは理解出来ないよ。

そんな事では凹まんぞ〜〜と
2往復してスタジオへ
しかし、誰もゴトウの相手をしてくれません「放置プレイ」です。
なんかムードが解らんな、、、と 思っていたら
徳永英明さん登場。
あれ? ケミストリーの前に収録あったのかあ〜

そうです。早過ぎたのです。

そして、待つ事しばし、、、、、
セッティング>サウンドチェック>リハーサル>ランスルーと進み
いざ本番。
収録に参加した方々は御存知の様に 上からの落下物が楽器に舞い降りましてね、、あれは 素材が微妙だよねえ? 我々はリハでも降り注がれてるので2回ありました。
二人とも大丈夫だったかなあ、、咳き込むよなあ、、、
電子楽器にも悪影響なんだけどなあ、、、誰が決めたんだろう?

なんやかんやと すったもんだがある日でしたが、収録は無事完了。
終わりよければ全て善しと おばあちゃんが言ってました。

オンエアーをお楽しみに〜〜〜

帰りにワッキーに遭遇し、ミーハー心がムラムラと
写真撮りたかったなあ、、、
posted by たいこまん at 16:51 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月26日

僕らの音楽ヴィデオでチェック

ほうほう〜 この番組は長いだけあって音もいいですな、、、
シンバル音大きいのでは? とか 気になる事は多々ありつつ。
槙原さんとケミのハーモニーは気持ちいい。やはり いい収録でしたねえ

なんか、、ゴトウひとりノリノリ〜に見えますな(気のせいかな、、)
草間君とかは動かないしね、石井さんも譜面を見て真剣に演奏してるから

カメラ目線に見えたかもしれませんが、ゴトウは歌手の人を凝視して演奏しているのです。

約束の場所では バスドラムの音とタンバリンをツッチーが担当し、
上半身部分 (スネアドラム ハイハットシンバル シンバル〜)をゴトウがやっておりました。言わばリズムの二人羽織り〜〜〜
軽〜〜く叩いてたけど、結構な音量に処理されてましたね、、、

さてトゥルー カラーズ 
まったく映っておりませんが(笑)ジャンベをブラシでコスコスして始まり
ジャンベの低音&コンガミックスプレイをしていました。
ツッチーはマシンの低音を「ドゥ〜〜ン」とタンバリンのシャ〜〜ン
ポコポコ音も入れてましたねえ 
それにしても3声コーラス美しかったねえ、、マッキー流石です。

月曜は日本テレビのミュージックラバーズ生出演&生演奏ですな。
言って良いんだよな,,、、、

さて今日は栃木県益子町でパーカッションクリニックをやってきました。
なかなかに 小学生から大人まで幅広い参加者。
太鼓が足らなかったり、寒かったり、大変でしたが
少しは楽しくレッスン出来たかな、、、、と 思う。

やはり、栃木県は距離がある。うむ。そして 寒い。
関東地方だし〜と なめてました。。失敗。アツギのタイツ160デニール履いて行けば良かった。
posted by たいこまん at 00:22 | Comment(7) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月23日

白菜と大根

大豊作なんだってね。相場が下がり過ぎて儲けが出ないから畑で潰してるんだってねえ、、、ん〜〜む なんとか活かす道はないのか?

農家の人が一番辛いのだが、、

たとえば政府が引き取って緊急食料用に加工するとか
フリーズドライなのか、漬け物にするのか、、わからないけど。

そういうシステムを作らないと悲しい無駄が続くよね

リサイクルの先進国はヨーロッパで、まだまだ日本は遅れている。

生分解性の高い商品以外は作らない〜って決めれば地球規模で変化していくんだが、後進国は汚染物質をまき散らし国益を上げる事に夢中だろうし
なんともバランスが悪いですな。
海も繋がっているし、地球も同じ大気で繋がっているんだものねえ

アメリカなんか京都議定書無視だもんね。

どうしたもんだろうねえ、、

いや、こうして凡人が呟いている間にも優秀な科学者は何かを考えているはずだ。そう信じよう。

出来る事を「できるだけ」するように心がけよう〜 っと
思うゴトウでありました。
posted by たいこまん at 13:42 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月22日

マニキュワ

DHCメンズ用を塗ってるんですが、塗り直す時はリムーバーで全部取ってから塗り直すもんなのかね? 上乗せは禁止なのかね、、、

オシャレで塗っているわけではないのです。ゲイでもありません。

なんでも手で叩くでしょ。爪が割れるのです。
保護にマニキュワがいいらしいので、透明なのを塗ってるんです。

フラメンコギタリストなんかは 毎日オリーブオイルに爪を浸けるんだってね? 丈夫になるらしい、、、ほんとかな、、
さらに本格爪制作の場合ティッシュを薄く剥ぎ、アロンアルファで重ね付けしていくんだよね。 カチカチに固まったら整形していくんだす。
見た目がスンゴイです。

それは 気乗りがしなかったので、、

「金属は手で叩くなよ〜」って話なんですが、そうもイカンぜよ
因果な商売だ、、、、ははは。

みなさんコメント書いていいですから、、って
書きにくいですかね? 
posted by たいこまん at 10:42 | Comment(10) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月21日

CHEMISTRY リハーサル

今日はリハーサルだった。
新しい曲を合わせ、本番に備える
これは、言って良いのだろうか、、、わからんから言わないでおこう、、

トップランナーの放送は昨日。3チャンネルだったのねえ、、
1チャンネルかと思ってた。友人にもそう言った様な、、あちゃ〜


次は僕らの音楽だねえ

槙原さんを映す時うしろにゴトウが映り込んでましたな、、たしか

いろいろフレーズが思い浮かんじゃうんだけど、
「淡々と クールに〜〜 余計な事はしないように〜〜」と
耐えながら叩いている姿が御覧頂けます。 どうぞお楽しみに〜〜
posted by たいこまん at 01:45 | Comment(3) | TrackBack(0) | 日記

2006年11月19日

楽器再生が続く〜〜

物置から発見したパールヴィンテージスネアが復活したので、バスドラムも再生しようかと
全部バラバラにして金属クリーナーで磨き、ネジもサビを取って油をさし、
そんな事をしているのです。
バスドラは大きいので打面全面合わせてネジが20本。 ウケ側も磨くから、、、
根気が要る仕事なんだなあ、、、
支える足が一本無いので、サイトで検索してみると、、どうやら既に作られていない形

だよなあ、、、ポリスのドラマー スチュアート・コープランンド氏と同じモデルなんだけど、
かなり古いものねえ、、

足のウケ側からそっくり交換すれば話は早いのだが、もったいないじゃない?

ホームセンターで金属棒を買って自分で加工する事にしました。

昨日は久しぶりにバスドラムの皮(プラスティックだけど)を買いに行きました。
浅草田原町コマキ楽器ね、
「最近のバスドラはどうなんです? ヘッド(皮の事をそう呼んだりもする)も進化してます?』
「これ、いいですよ ヴィニーカリウタ(有名ドラマー)もこれですよ』
ほうほう〜〜〜 ってんで それ を購入。

なるほどね 張ってみるとなかなか鳴りそうです。

そして 表面。 これは リサイクルね。 でも面白くないから絵でも描こうかな〜 と
下地塗りをしようと思ってたのに雨なんだもんな〜〜  

さて今日はNHK トップランナーの放送日だ。
収録後 音は確認してるけど、どんな風にバランスが取られているのかな、、、
ベースは大丈夫かな、、、と 放送を待つのでありました。
posted by たいこまん at 17:26 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。