2011年06月13日

発表会のリハーサル

千葉県船橋市good time music で講師も勤めるぼくですが、

来週発表会があり、出演する生徒さん&講師陣で様々なユニットが組まれる訳です。
僕も10曲程参加

さて

始めて間もない人  人前に慣れていない人 が多い中

サポートする講師陣とこんな会話が、


「何か○○センセイから申し送りはないの?』 生徒「、、ありません、、」

リズムとかグルーヴとか希望は? 生徒 「普通で、、」 (普通って何だ?と突っ込みたくなる所は我慢して先にすすむ)

「では 一回譜面通りにやってみましょう」


そして一回演奏してみる。


微調整とかアイデアがあれば 指導する 



「もう一回やってみましょう」


で〜  おちゃめな講師陣(全員ではありませんが)は一回目とは違う演奏をするのです。 どんどん進化してしまうのです。


そうそう これはジャズの曲なのです。 

瞬間瞬間で創造していく アドリブが命なのです。

音で会話し遊べるスペースが存在する世界。


急にそれが出来るようにはならないので、

メインの生徒は大汗をかいてメロディーを奏でている。

もちろん彼らが盛り上がるようにサポートはするけれど、思いつけば誰かとの会話が始まって笑い合ったりしている。


それにまるで気が付かない生徒もいれば アドリブの変化に気付くけれど〜混ざれない、反応出来ない未熟さに地団駄踏んだりしている。 はやくこっちに来ると何倍も音楽楽しいぞ〜と 手を振っている我々です。



むむ。 このムードは 何かに似ているなと


生真面目な生徒が発表中 センセイの目を盗んで、悪ガキが何か企んでいる感じ。  消しゴムが飛び アイコンタクトで言いたい事が判る

おお そうか そこにジャズの基本形が、、、って   偉い評論家とかに怒られそうだ(笑)



アドリブなくても良い音楽は沢山あります。 念のため。 ふふふ。   




posted by たいこまん at 12:09 | 日記

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。